おうち温泉ブログ

水道水の危険性

2020.09.01

 

こんにちは😊

朝晩少しだけ涼しくなってきました。いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は水道水のお話です。

「日本の水道水は世界一安全だ!」

と言われてきましたが、私たちの生活環境が変化するにしたがって、

今までの浄化システムでは十分に浄化しきれなくなっているのが現状です!

また、水道水には多くの残留塩素が含まれています。

 

この残留塩素は、浄水場での殺菌に使用した塩素や、水道水が家庭の給水管に入るまでの間に細菌などが繁殖しないようにするための塩素が残ったものです。

この残留塩素が水道水を安全に保つと同時にカラダにとってはとっても危険な物質となっているのです。

 

カサカサ肌の原因

水道水の塩素は、髪や肌のたんぱく質を壊し、細胞に大きなダメージを与えます。

肌の保水力や保湿力を低下させ、乾燥肌やアトピー性皮膚炎悪化の原因とも言われています。

 

まずい水の原因

塩素が水中のアンモニアと反応し、あのイやなカルキ臭となります。水道水をまずくしているのはこのカルキ臭です。

 

ビタミンを壊す原因

水道水で、野菜・米・レバーなどの食品を洗うと、ビタミンの10~30%が損失します。塩素が食品の細胞に入り込み、ビタミンを壊すことが原因です。